楽しい未来と健康な地球を ともにできること

衛生仮説をうけて 自然免疫に着目!

幼児期の菌の細胞膜成分(特にLPS)との 接触がアレルギーの発症と相関関係があるようです。

近年、アレルギー、リウマチ、アトピー、肥満、欝、肌荒れなどは 人間の持つ『獲得免疫』の暴走による炎症が要因と言われています。

獲得免疫』が暴走する理由は、体の持つ『自然免疫』の力が極端に弱まっている ことに原因あり、『自然免疫』の強化は衛生仮説の理論に基づいて考えるととても大切なことと考えられます。

体の持つ『自然免疫』の活性を高めるには、菌との接触という刺激が不可欠です。 近年、あまりに衛生的な環境であることから菌との接触が少なく、獲得免疫暴走由来 のアレルギー、アトピー、肌荒れなども増えている理由になっています。

また『自然免疫』は免疫細胞(マクロファージ)による老廃物の除去、肌再生に 密接に関係しており、自然免疫の活性化が抗炎症・新陳代謝UPにも繋がります。

お気軽にお問い合わせください TEL 043-379-7606 受付時間9:00-19:00【日・祝日を除く】

PAGETOP
Copyright © 株式会社ベイベイベイ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.